オール電化徹底解剖

オール電化とは

最近話題のオール電化への切り替えを予定しているご家庭も少なくないでしょう。省エネの代名詞のように言われるオール電化ですが、一般家庭にだいぶ浸透してきた今、メリットとデメリットの両方の情報が出回るようになっているので、だいぶ検討しやすくなっているのではないでしょうか。実際のところオール電化の実力はどんなものなのか徹底比較する前に、そもそも「オール電化って何?」と言う初歩中の初歩から改めて考えてみたいと思います。

まずオール電化とは、文字通り従来の家庭で主流エネルギーだったガスを使わず、電気オンリーの生活にする為に設備自体電気専門のものにしている住宅形態です。つまり、一昔前までどのご家庭でも使っていたガスコンロやガス給油器などガス関連の設備が一切排除され、火の出ない調理器具、家電だけになります。

当然ガスを全く使わなくなりますから、ガス代はもちろんガスの基本料金自体必要なくなります。それに消費エネルギー量の多い給油にかかるエネルギーを、割引料金で利用できる深夜の電気代で補えると言うコストダウン効果も。その他安全面や掃除のしやすさなどメリットも色々あります。もちろんオール電化にしてしまうと停電時の不安や専用調理器具の用意などデメリットも伴いますが…。

ちなみに、オール電化とは言ってもガスから電気に変えた上で家庭にエネルギーが運ばれてきているシステムで、完全に電気エネルギーだけしか消耗していないわけではありません。ただしオール電化家庭では余りがちな深夜の安い電気を使っていますから、省エネ効果はもちろん電気を大幅に節約する経済的メリットも魅力の1つです。