オール電化徹底解剖

オール電化のデメリット

オール電化導入をご検討していらっしゃる方の為にも、オール電化の魅力を徹底的に追求していきたいと思います。まず、「節約・エコ・快適さ」などのメリットはテレビや雑誌などでも度々特集が組まれていますから、皆さまもよくご存じだと思います。

ただし総合的に高く評価されるオール電化にも、デメリットがないわけではありません。まず、元々ガスを使っていたご家庭がオール電化に切り替える場合、オーソドックスに「IHクッキングヒーター+エコキュート」のプランを選んだとしても、工事費など諸々の費用で最低でも50万円、設備にこだわる場合100万円以上かかることは覚悟しなければなりません。

実際オール電化導入によって毎月の光熱費は8000円から1万円前後も節約できますが、設置費用の元を取り返すのに7年程度はかかる計算になります。もちろん長期スパンで考えれば7年はあっと言う間ですが、もし引っ越しを予定していたり先行投資資金に余裕がない場合、メリットよりデメリットの方が大きくなる可能性が否定できません。

更にいくら希望していても賃貸契約の住人だと設備の工事が拒否される確率が高く、希望してもオール電化に切り替えられない可能性があります。オール電化による経済的効果を一番期待できるのは、賃貸にしても分譲にしても実は元々オール電化設備が整っている住まいに住んでいる方です。

また、専用調理器具しか使えないことも初期投資費用の一部でお財布には痛いところですが、お料理にこだわる方だとガスによる土鍋調理のような美味しさがIH調理器具だと引出にくいとの声も。ただし温度を安定させられるので天ぷら料理も手軽にできるなどのメリットもありますが。

ちなみにオール電化は夜型生活だと節電&節約効果が非常に高くなりますが、昼間ご自宅にいて電気をよく使うご家庭の場合割引が効きません。ライフスタイルの条件次第では光熱費が安くならない可能性もありますから、覚えておいて下さい。