場所別節電対策

節電対策は室内の家電だけではなく、「窓」も対象になります。実は窓こそ節電の成功の鍵を握る重要ポイントの1つで、窓の節電対策を怠ってしまうと室内の冷暖房のおよそ半分もの熱エネルギーが外に逃げてしまうことになります。せっかくエアコンの設定温度を調節したり、扇風機を活用して節電対策に励んでも窓のせいで効果半減されたらがっかりしてしまいますよね。

まず、夜間はカーテンをしっかり閉め、冷暖房効果をUPさせましょう。特に夏場は外からの強烈な日差しを避ける為、外側から簾などをかけて窓ガラスをカバーすると効果的です。

また、窓ガラスの内側に断熱シートや赤外線カットフィルム、エアマットなどを貼る対策も効果的で、冷暖房効果を上げると共に結露対策になったり紫外線予防効果が期待できたり、+αの魅力もあります。梅雨や湿気がこもりがちな冬場は、結露テープや結露シートで結露対策にも励みたいものです。毎回拭き取るのが理想的ですが、手間暇がかかりますから貼りっぱなしでOKの専用シートが便利です。

窓にかけるカーテンも、断熱シートの役割を果たす斜光カーテンがおススメですし形状はストレートよりドレープがかかったような波状のカーテンだと、更に気体クッションの機能を果たしてくれます。もし余裕があれば夏と冬でカーテンの色を変える対策もおススメです。夏場はグリーンやブルーなど涼しげな色に、そして冬場はオレンジ色など暖色のカーテンを選べば、視覚効果でスッキリしたりあったかい気持ちになれそうです。