場所別節電対策

トイレ

トイレの節電対策はあまり思い浮かばないかも知れませんが、案外温水洗浄便座は消費電気量が多いので見逃すことはできません。温水洗浄便座を何となく使っている方が大半ですが、ちゃんと観察すると設定温度やタイマーがついています。

夏場でも便座のひんやりした感触が苦手…とオールシーズン稼働させている方がいらっしゃいますが、せめて温度は下げたいものです。また、便座カバーをつけることによってひんやり感は解消できますから、そこまで冷える時期でなければスイッチをオフにしてみて大丈夫そうかどうか試してみて下さい。また、便座の蓋も毎回閉めることで待機電力の減少に繋がりますし、理想はタイマーを利用したり意識して電源を切るなど就寝中はスイッチを消しておきたいところです。

その他、温水清浄便座の有無に関わらずトイレで無駄に長居する癖がついている方も改めましょう。人によっては「トイレがオアシス」と長く快適に過ごす為に本棚を置いたり部分暖房を置いたりするようですが、衛生的にもトイレに物を置きすぎるのはよろしくありませんし、消費電気量の多さにも繋がります。

また、最近はトイレが2カ所ついている住宅も少なくありませんが、来客時など特別な時以外は1カ所しか使わないなどの対策も有効です。確かに1階と2階にトイレがあると便利ですが、両方とも温水清浄便座をフル稼働させているとなるとかなりの無駄になります。もちろん、トイレが一カ所でも二カ所でも電気のつけっぱなしは厳禁です。