家電別節電対策

テレビ

テレビの節電対策では、「こまめにスイッチをオン&オフする」作戦が有名ですよね。確かにつけっぱなしは最も避けるべきですから、次の番組が始まるまでの短い時間だけでも積り積もれば山となり、節電効果が期待できます。

もしこまめにスイッチを切り替えるのが面倒なら、センサーをつけてテレビの近くに人がいる時だけ稼働させるようにする対策もおススメです。あるいはテレビの買い換えを予定しているなら、こういった省エネ対策機能がついているかどうかも考慮して選んでみて下さい。面倒臭がりな方にはストレスを感じにくい自動起動がぴったりです。

また、テレビの場合スイッチのオン&オフだけではなく、音量や画面の明るさを調節することでも節電対策になります。暗闇でテレビをつけ、テレビの明かりを照明代わりにする深夜族も多いそうですが、昼間でも雨や曇りで薄暗ければ室内の電気をつけ、テレビ画面の明るさは若干暗めに設定すると消費電力を抑えることができます。音も同様、大きくすればする程電気の消費量は上がりますから、要注意です。

そもそもテレビを見る時間自体、あまりにも長い方は一度テレビとの付き合い方から考え直してみた方が良さそうです。テレビゲームを趣味にしている方もプレイ時間をある程度制限した方が生活にメリハリがつきますし、節電対策にもなります。

ちなみに、液晶テレビ25インチの場合、テレビの視聴時間を1日たった1時間短くしただけで、年間およそ330円も節約可能です。