家電別節電対策

冷蔵庫

冷蔵庫も非常に節電しがいのある家電です。節電対策によって具体的に浮かすことができる金額は冷蔵庫や周囲温度にもよりますが、設定を「強」から「中」に切り替えるだけで、年間なんと1360円前後も節約することができます。そもそも、冷蔵庫内部の温度は周囲の温度の影響も受けるのに、1年中設定をいじらないでいるご家庭が少なくありません。

冬場だけでも「中」に切り替えれば、かなり消費電力を抑えることが可能です。また、年間を通して冷蔵庫内に食べ物を詰め込み過ぎないよう心掛けたり、ドアを開け閉めする回数を減らせば年中「強」にしなくても済みます。冷蔵庫は7割目安で食べ物を入れるように目指し、見逃しがちな「実は冷やさなくても良いもの」は外に出してしまいましょう。食べ物を置く場所も、冷気を塞いでしまうので吹き出し口付近は避けるのが鉄則です。こういったちょっとした工夫だけで冷却効率を上げることができます。

冷蔵庫のドアを長いこと開けたままにしていたり、何度も開け閉めする癖がついているなら意識して改めましょう。使い方を工夫すれば「弱」でも全く問題ありません。ちなみに、最近話題の冷蔵庫用のカーテンは確かに冷気が逃げにくくなる一方、内部に食べ物を詰め込み過ぎているご家庭の場合、カーテンのせいで探し物を見つけにくくなり、かえってドアを開けっ放しにしてしまう時間が長くなるケースも…。

その他、冷蔵庫を置く場所自体できるだけ涼しい場所を選び、壁や他の家電とぴったり隣り合わせにせず通気の為に隙間を開けて設置することでも大幅に消費電力を抑えることが可能です。