家事別節電徹底比較

お湯を沸かす

ご家庭によってどのようにお湯を沸かすのか、使う道具、家電は異なりますよね。最近はオール電化の家庭も増えていますし、益々方法が多様化しています。家庭内に複数の道具があり、節電の為にはどの方法が一番効果的なのか悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。ご参考までにお湯を沸かす為の節電方法を具体的に見比べていきたいと思います。

まずオーソドックスな「ガスコンロVS電気ポット」を比較してみると、ほぼ大差ありませんが費用面では電気ポットが若干有利で、環境負荷に関しては弱火~中火利用のガスが優れています。ただし沸かした後の保温機能によって電気ポットはかなり消費電気量が大きくなってしまう難点も…。

大量のお湯を一度に沸かして保温しておいた方がガス代が浮きそうですが、実は必要な分だけその都度沸かした方が2倍近くの節電効果が期待できます。もし熱湯を保存したいなら電気ポットではなく、エアポットや魔法瓶がおススメです。いずれにしてもガスコンロでお湯を沸かす時は湯冷ましを作るにしても必要以上に煮沸し続けないことも大切ですし、普段のお料理では余熱利用がガス代節約の鍵を握っています。

一方、「ガスコンロVS IH(電磁調理器)」の対決では、ほぼどっこいどっこい。ただし環境負荷は弱火~中火利用時のガスが勝ちます。とは言ってもIHは専用調理器具を揃えなくてはいけないと言うデメリットを抱えつつ、換気問題や調理の安定性、安全面などの快適さでは有利なようです。お湯を沸かすような単純な家事ならともかく、天ぷら調理など手間のかかるメニューの場合は断然IHが温度調節もできて便利ですし。

節電と言うとIHよりガスコンロの方が良さそうですが、ガスコンロは暑い夏場などお湯を沸かしているだけでも周囲の温度が一気に上がってしまいます。節電&節約を成功させるには一カ所だけをチェックするのではなく、総合的に判断することが重要です。