家事別節電徹底比較

食器を洗う

く食器洗い機をお持ちなら大いに利用すべきですが、洗濯同様「まとめ洗い」が基本です。回数を減らすだけで、少なくても年間約9,450円は節約可能と言うデータも報告されています。

また、食器洗い機を買ったものの、「思ったより電気代が…」とお悩みなら、ガス給油接続に切り替え消費電力と環境負荷を減らしましょう。また、基本的には手洗いの方が断然お得ですから、できるだけ手洗いの回数を増やし、特に消費電気量の多い乾燥機の利用だけでも制限するのがおススメです。

「食器洗浄機VS手洗い」を徹底比較してみたところ、処理時間は5分前後の違いでそこまで大きく差が開いたわけではありませんでしたが、CO2排出量は2~3倍の違いがあり、節約費用は2倍以上もの違いが出る結果になりました。食器洗浄機が省エネ力も抜群、なんてキャッチコピーも度々見掛けますが、実際どのメーカーもカタログではメリットの方を強調して数字にもあまり信憑性がないことが多いので、手荒れ対策ならともかく節電対策として食器洗浄機を購入するのは少々ナンセンスかも知れません。

ちなみに、手洗いにしても食器洗浄機にしても節電&節約するなら予備洗いが欠かせません。捨てても良い新聞紙などで油汚れや目立つ汚れを拭き取る作業を挟むだけで、電気代はもちろん水道代も大幅に節約することが可能です。また、食器洗浄機もすすぎ機能だけ利用するなど自分なりのアレンジ次第でかなり節電できますから、色々工夫してみて下さい。